順番受付はこちら 健診・予防注射の受付はこちら

〒183-0013
東京都府中市小柳町3-32-26

042-369-2561

府中市の小児科・内科 アレルギー専門医 アトピー

予防接種

順番受付はこちら
健診・予防注射の受付はこちら
トップページ»  予防接種

予防接種について

予防接種について
当院ではお子さまの感染予防のための予防接種だけではなく
公費負担の高齢者インフルエンザワクチン・肺炎球菌ワクチン接種をはじめ、各種の予防接種を行っております。
どの予防接種を受けたらいいのか。など、気兼ねなくご相談ください。
予防接種について詳しく記載してあるサイトがございますので
下記リンクからご覧になってください。
 

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

予防接種時間表
時間
午前 10:30~11:30 × ×
午後 16:30~17:30

火曜日は午後2:30~4:30まで予防接種と乳児健診だけを行います。

当院で行っている予防接種・ワクチン

1)定期接種

B型肝炎ワクチン
・B型肝炎とそれに伴う肝硬変・肝臓がんを予防するワクチンです。

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)生後2か月~1歳未満
(接種回数)3回:4週間隔で2回、1回目から5~6か月経ってから1回の合計3回

ヒブワクチン
ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌による細菌性髄膜炎や喉頭蓋炎など命にかかわる重症な病気を予防するワクチンです。

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)生後2か月~5歳未満
(接種回数)4回:4週間隔で3回、3回目から7か月以上あけて1歳を過ぎたらすぐに4回目を接種
※生後7か月以降で開始する場合は接種回数が異なります。ただし生後5、6か月から細菌性髄膜炎にかかることが増えるので、それまでに免疫をつけることが重要です。必ず生後2か月から開始しましょう。

小児用肺炎球菌ワクチン
上記のヒブと同様に肺炎球菌という細菌による重症な細菌性髄膜炎や敗血症などを予防するワクチンです。

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)生後2か月~5歳未満
(接種回数)4回:4週間隔で3回、3回目から60日以上あけて1歳を過ぎたらすぐに4回目を接種
※生後7か月以降で開始する場合は接種回数が異なります。ただしヒブワクチンと同様の理由で生後2か月から開始することが望ましいです。ヒブワクチンとセットで受けましょう。

四種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)生後3か月~7歳6か月未満
(接種回数)4回:3~8週間隔で3回、3回目の約1年後(6か月後から接種可能)に4回目を接種。
※百日咳は乳児早期にかかるほど重症となります。生後3か月になったらすぐに接種を開始しましょう。ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ロタウィルスワクチンなどとの同時接種がお勧めです。4週間隔で接種しましょう。

BCGワクチン
・結核を予防するワクチンです。日本は先進国の中でもまだ結核が多い国です。小さいお子さんがかかると重症な肺結核(粟粒結核)や結核性髄膜炎になるリスクがあります。

(ワクチンの種類)生ワクチン
(対象年齢)生後5か月~8か月未満1歳未満まで接種できます)
(接種回数)1回

MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)
・麻しん、風しんを予防する重要なワクチンです。日本は麻しんが排除されたと世界保健機関(WHO)から認定されました。しかし未だに外国から持ち込まれた麻しんウィルスによって麻しんが発生しています。風しんについても平成24年~25年にかけて主に成人男性を中心に流行し、妊娠初期に感染した妊婦さんから先天性風しん症候群(難聴、白内障、先天性心臓病などをもつ)の赤ちゃんが多く生まれ、社会問題になったことは記憶に新しいところです。1歳になったらすぐに接種を開始しましょう。

(ワクチンの種類)生ワクチン
(対象年齢)第1期1歳~2歳未満第2期小学校就学前年度の1年間(幼稚園・保育園の年長クラス)
(接種回数)第1期、第2期それぞれ1回ずつ


水痘ワクチン
・水痘・帯状疱疹ウィルスによる水痘(水ぼうそう)を防ぐワクチンです。平成26年から定期接種になりました。水ぼうそうには皮膚の重い細菌感染症などの合併症があります。また水ぼうそうにかかると、治ってもウィルスは体内からは消えず神経細胞に潜んでいます。成人・高齢者になって抵抗力が下がった時に帯状疱疹を発症します。現在高齢者に対して帯状疱疹の予防・再発予防にこの水痘ワクチンが接種できるようになっています。

(ワクチンの種類)生ワクチン
(対象年齢)1歳~3歳未満
(接種回数)2回:1歳になったら早めに(MRワクチンとの同時接種も可能です)1回、1回目から6~12か月後に2回目を接種しましょう。(3か月を空ければ2回目は接種可能です。)

日本脳炎ワクチン
日本脳炎ウィルスに感染した豚の血液を吸った蚊によって人に感染します。かかっても多くの人は症状が出ませんが、脳炎を発症してしまうと障害が残ったり、命にかかわることもあります。西日本を中心に子どもの患者さんも報告されていますし、温暖化などの影響で北へ拡がりをみせ平成27年には千葉県で乳児の患者さんが報告されました。

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)第1期3歳~7歳6か月未満第2期9歳~13歳未満
(接種回数)4回:1期初回を1~4週の間隔で2回。2回目から6か月~1年後に1期追加を1回。9~12歳で2期を1回。
※一時接種が見合わせられていた時期があり、平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれの方は、特例措置が適用され20歳まではワクチンを受けられます。
※日本脳炎ワクチンは生後6か月から接種が可能ですが、その場合は専用の予診票が必要となります。

二種混合ワクチン(DT:ジフテリア・破傷風)

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)11歳~13歳未満
(接種回数)1回

2)任意接種

ロタウィルスワクチン
・ロタウィルスによる胃腸炎(嘔吐下痢症)を予防するワクチンです。ロタリックス(1価ワクチン、2回接種)とロタテック(5価ワクチン、3回接種)の2種類があります。

(ワクチンの種類)生ワクチン、口から飲むタイプのワクチンです。
(対象年齢)生後6週から開始できますが、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどと同時に接種するため生後2か月から開始しましょう。ロタウィルスワクチンは受けられる期間が決まっています。初回は生後14週6日(生後3か月半)までに開始して下さいロタリックス(2回接種)は生後24週までに、ロタテック(3回接種)は生後32週までに接種を完了して下さい。
(接種回数)ロタリックス(1価ワクチン):4週間隔で2回接種、ロタテック(5価ワクチン):4週間隔で3回接種
(費用)ロタリックス:1回13,000円、ロタテック:1回9,000円
※ロタウィルスには多くの型があります。ロタリックス(1価ワクチン)は一番流行する1種類のウィルスをカバーしています。ロタテック(5価ワクチン)は5種類のウィルスをカバーしています。ただし1価ワクチンでもタイプの似ている他の種類のウィルスにも効果を示すので、効果は2種類のワクチンでほぼ同等とされています。
※腸重積について:原因は不明ですが腸が腸の中に入り込んでしまい腸閉塞を起こしてしまう病気です。腸重積になると腹痛のため10分毎くらいに不機嫌になってグッタリすることをくり返し、血便を認めます。早急な処置が必要となります。ロタウィルスワクチンでは接種後の腸重積の発症率がわずかに上がることが分かっています(10万回の接種につき3~4例)。週数が経つにつれて自然に腸重積になる率も上がります。少しでも腸重積の発症リスクを減らすため、初回の接種は必ず生後14週6日までに開始しましょう(それ以降ですと接種は出来なくなります)。

おたふくかぜワクチン
・おたふくかぜ(ムンプス)ウィルスによる感染症です。合併症として髄膜炎や難聴があります。髄膜炎は激しい頭痛や嘔吐を来します。難聴も怖い合併症です。全く聞こえなくなるレベルの重い難聴を起こすことがあります。ほとんどが片側性ですが、稀に両側とも難聴になることがあります。約1,000人に1人の割合と言われています。任意接種のため自費となってしまいますが、しっかり免疫をつけるには2回接種することが勧められます。

(ワクチンの種類)生ワクチン
(対象年齢・接種回数)1歳を過ぎたら早めに接種しましょう。MRワクチン・水痘ワクチンの次、または同時接種が勧められます。2回目の接種は1回目から2、3年あけて、MRワクチンの2期(年長クラス)の頃までに受けましょう。
(費用)5,500円

インフルエンザワクチン
・ご存知の通り、毎年冬~春にかけて流行します。インフルエンザそのものも高熱が出て全身の痛みなどつらい症状が出ますし、肺炎や脳炎・脳症など怖い合併症もあります。抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビルなど)もありますが、やはりワクチンを接種して発病予防または重症化予防をすることが勧められます。

(ワクチンの種類)不活化ワクチン
(対象年齢)生後6か月以降
(接種回数)生後6か月~13歳未満は2~4週間間隔で2回接種、13歳以上は1回接種です。ただし13歳以上でも受験や大事なイベントが控えている場合は2回接種も可能です。
(費用)その年により異なります。ホームページのお知らせを参照してください。

 
〈ワクチンの費用について〉

任意接種のワクチン

・おたふくかぜワクチン:5,500円
・ロタリックスワクチン(1価):13,000円
・ロタテックワクチン(5価):9,000円
・B型肝炎ワクチン(10歳以上):5,800円
・A型肝炎ワクチン:8,000円
・破傷風ワクチン:3,600円
・肺炎球菌ワクチン(成人):8,000円
・インフルエンザワクチン:年により異なる場合があります。ホームページでご確認下さい。

公費負担のあるワクチン

・肺炎球菌ワクチン(65歳以上):5,000円
・MR(麻しん風しん混合)ワクチン:5,000円
・風しんワクチン:3,000円
※MRワクチン、風しんワクチンの公費負担の対象者については以下を参照してください。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/kosodate/shussan/boshinokenko/yobo/170401teikiyobou.html

※上記以外、定期接種ワクチンを対象年齢外で自費で接種する場合の費用につきましては、お問い合わせください。 
Page Top